top of page

AIに聞く:ツタンカーメンは低ホスファターゼ症だった?!



以下の記事は、昔に投稿したのですが、何故か今もずっとアクセス数が一番の記事です。


ツタンカーメンは低ホスファターゼ症だった?! (hpphope.org)


なので、今日はその疑問をOpen AIのChat GPTとGoogleのBardに聞いてみました。Bardは最新の情報も学習していると思うので、どうかな?


まずは、Chat GPTに聞いてみます。


エジプトのツタンカーメン王は低ホスファターゼ症だったという話題がありますが、本当ですか?


Chat GPTの回答

ツタンカーメン王が低ホスファターゼ症だったという話は、実際に科学的な議論がなされていますが、現時点では確証されていません。ツタンカーメン王の墓が1922年に発見された際、彼の遺体は比較的良好な状態で見つかりましたが、彼の死因や具体的な病状に関しては、解明されていない側面が多くあります。 一部の研究者は、ツタンカーメン王の遺体のX線写真やCTスキャンを分析し、彼が低ホスファターゼ症であった可能性があると主張しています。低ホスファターゼ症は、ホスファターゼという酵素の欠陥によって引き起こされる遺伝性の骨疾患であり、身体の骨が脆くなることが特徴です。 しかし、この説は他の研究者からも異論が出されており、ツタンカーメン王の骨の異常は病気によるものではなく、遺伝的な要因や葬儀の過程で起こった可能性があるとする意見もあります。さらに、ツタンカーメン王の家族の他の人々の遺体も調査され、同様の異常が見られたことはないと報告されています。 したがって、現時点ではツタンカーメン王が低ホスファターゼ症であったかどうかははっきりしていません。この話題については、科学的な議論が進められているものの、結論は出ていないということです

次に、Bartに聞いてみます。


エジプトのツタンカーメン王は低ホスファターゼ症だったという話題がありますが、本当ですか?

ChaBard GPTの回答

ツタンカーメンが低ホスファターゼ症(HPP)を患っていた可能性はありますが、確定的な証拠はありません。 HPPは、骨のミネラル化を調節する酵素の欠乏によって引き起こされる遺伝性疾患です。この疾患は、骨の変形、骨折のしやすさ、歯の問題など、さまざまな症状を引き起こす可能性があります。 ツタンカーメンのミイラは、足のX線検査で骨の変形や骨密度の低下が認められています。また、身長が非常に低く(推定160 cm)、筋肉がほとんどなかったことも知られています。これらの特徴はすべて、HPPの患者に見られる特徴です。 しかし、ツタンカーメンがHPPを患っていたことを明確に示す証拠はありません。HPPの診断には、血液中の酵素レベルを測定することが必要であり、ツタンカーメンの血液は保存されていません。また、ツタンカーメンのミイラは非常に損傷しており、骨の変形や骨密度の低下が他の要因によって引き起こされた可能性もあります。 ツタンカーメンの死因については、まだ多くの謎が残されています。HPPは、彼の死因の1つの可能性ですが、確定的な答えは得られていません

両方とも同じような回答で、やはり結論は出ていないようです。

まあ、それにしても非常に自然な日本語の回答です。最近は仕事でも随分とChat GPTのお世話になっています。





閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page