医師と患者

​HPP HOPE顧問

大薗恵一 先生

​Ozono Keiichi

ABOUT US

大阪大学大学院医学系研究科小児科学

大阪大学小児科の大薗恵一と申します。

骨カルシウム疾患、内分泌疾患を専門としております。 今まで約30年にわたって、低ホスファターゼ症の診療を行い、本疾患に対する研究、治療の進歩を見守ってきました。

 

特筆すべきは、本症に対する酵素補充療法の医師主導治験を行い、世界に先駆け、2015年に患者さんに薬を届けることができたことです。

酵素補充療法の導入後、本症の予後は著しく改善されましたが、まだまだ、残された課題があります。

できるだけ、正確かつ迅速な診断を行い、治療を開始することが重要と思いますし、新しい治療法の開発も必要と考えられます。

そのためには、低ホスファターゼ症コミュニティとの連携は大切でありますので、今後ともよろしくお願いいたします。                      2020-07-13

Mail: skeletaldysplasia@ped.med.osaka-u.ac.jp

HPP HOPEを見守っていただいている先生

HPPの症状は多岐にわたっていますので、症状や年齢に応じて診療科も様々です。

こちらでは診療科別に、HPPを支援いただいている先生をご紹介します。写真をクリックしてください。

​なお、複数の診療科、分野をご担当されている先生は、重複して各診療科でご紹介していますが、

先生からのメッセージは、主のご担当の診療科のみに掲載しています。
 

超音波

新生児科

Perinatal

小児科医

小児科

Pediatrics

歯の診察

歯科

Dentistry

ファイルによるドクター

​内科

​Physician

医師との問診

遺伝診療科

Genetic

手術

整形外科

Orthopedics

顕微鏡を使用する科学者

​研究

​Research

  • Facebook Social Icon

© 2022 HPP HOPE.org