大川 玲奈 先生

大阪大学 歯学部附属病院 小児歯科


大川 玲奈 先生 をHPP HOPEでご紹介させて頂きます。


http://www.hpphope.org/dentist



先生からのメッセージをこちらでも紹介させて頂きます。






大阪大学歯学部附属病院小児歯科の大川と申します。
 

低ホスファターゼ症における歯の症状は、歯がぐらぐらして、やがて抜けることです。
 

 
近年、歯科医療関係者の間で、低ホスファターゼ症に対する認知度が高くなり、歯が抜けたことをきっかけに、低ホスファターゼ症と診断されるお子さんが増えてきました。
 
また、酵素補充療法が導入され、重症型のお子さんのお口の中を診察する機会が増えてきました。歯が抜けること以外にも、歯並び、歯の質などにも症状を認めることが明らかになってきました。
 
しかし、歯が抜けることをできるだけ遅くすることはできても、ぐらぐらする歯を元に戻す治療法は、現在のところありません。次々と乳歯が抜けていく子ども、がんばって入れ歯をつけてくれる子どもたちを前に、小児歯科医として、もっとよい治療法を届けたいと思いながら日々診療をしています。
 
大阪大学では、患者さんやご家族とともに、新しい歯の治療法を開発するための研究を進めています。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
ただ、「低ホスファターゼの会」が発足した当時にはなかった酵素補充療法が登場したように、私どもの講座はもちろん、世界中の多くの機関で現在も研究が進められています。これに伴い、歯科的な問題も解決されることを信じております。
​
 これからも、ご家族と協力して、できる限り歯を守り、口腔の機能を保つためのお手伝いをさせていただければと考えております。どうぞよろしくお願い致します。





  • Facebook Social Icon

© 2022 HPP HOPE.org